2015年6月

エニミニ秋冬商品が続々と

 こんにちは

今週は梅雨前線が近付いているため全国で大雨注意報がでています。

こちら東京でも本日午後から少しずつ降り出しています。

飲みに行ってる場合ではありません!電車が止まらないことを願うばかりです。。

本格的な夏目前ではありますが、エニミニは秋冬が続々進行中です。

本日はその中からちょこっとご紹介。

 150626-1

春夏大人気の迷彩半袖Teeの長袖バージョン。

ちょっと肌寒くなる季節には重宝する長袖のカットソー。

裾がAラインになっていてシンプルながら女っぽく着られる一枚です。

150626-4

こちらも去年の秋冬大人気だった迷彩ボアシリーズのニューバージョン。

ベストはフードではなくてボリュームのある襟に変わりました。

迷彩ボアは今年も爆発的に売れる予感。

150626-2

ウエストリボンの薄手のデニムパンツが新登場。

ゆるっときれてなににでも合わせられる。

一年を通して着れるアイテムです。

150626-3

そしてなんと!エニミニオリジナルインナーダウンができました!

すっきりと冬の寒さから守ってくれるインナーダウンはもはや定番。

コンパクトに畳める仕様になる予定なので乞うご期待!

早いものでは7月に店頭に並びますので、お近くのムラサキスポーツや弊社オンラインショップでチェックしてくださいね。

秋冬の気になる商品はこれからも少しずつ紹介していきます。

見たい方はブログチェックしてください!

kimkim

Instagram

Onlineshop

Facebook

さぼてん柄シャツ

夏の柄と言えばなんでしょう

すいか?パイナップル?花火?

エニミニ一押し夏の柄はかわいいさぼてん柄です。

150615-1

No.5058 プリント抜き襟半袖シャツ

Off-White / M.L / ¥5,900

全面にちいさなサボテンがたくさんいるこちらのシャツ。

綿100%で薄手なのでさらっと着られます。

抜き襟デザインで胸元が程良くあいて女っぽい。

麦わら帽子とデニムパンツがとにかく似合うシャツです。

 150616

ボタンは小さな木ボタンでやさしい雰囲気。

さりげなくかわいさアピールできるのがエニミニ服のいいところ。

袖をまくったりウエストインしたりして着こなしてくださいね。

150615-2

サボテンにひとつだけ花を咲かせてみました。

(製品では咲いてないよ)

kimkim

Instagram

Onlineshop

Facebook

ピグメントダイタンクトップ

 関東がついに梅雨入り。

梅雨が明けたらあっという間に夏だと思うとうれしいようなつらいような。

暑くなると汗でべたべたしてちょっと動くと汗染みが、、、できれば避けたいそんな状況。

さらっとしたインナーを中に着こんでみてはいかがでしょうか。

 150609-1

No.5021 ピグメント加工無地タンクトップ

Black, Blue, Off-White, Red / M,L / ¥2,500 +tax

夏には欠かせないノースリーブのインナー。

タンクトップなら一枚でも着られるので合わせ方は無限大です。

150609-4

シンプルな形ながらさらっとした着心地が特徴なこのタンクトップ。

前回のパーカーと同じくピグメント加工を施しています。

(なにそれ?という方は前回のブログを見てね。)

150609-3

色はこの4色。

Black, Off-Whiteはやっぱり定番で持ってると安心ですよね。

けど意外と色もののBlueとかRedもってると、シンプルなコーデのちょっとしたさし色になっていいんですよ。

たとえばTシャツのインに着て肩からチラ見せとか、シャツをきるなら胸元だけ開けてチラ見せとか

ぜひお試しください。

もうそろそろ秋冬もののサンプルが続々上がってきていますので少しずつご紹介していけたらなと思います。

ではこのへんで。

kimkim

Instagram

Onlineshop

Facebook

ピグメントダイジップパーカー

 こんにちは

kimkim車を買ったので週末、初めてのドライブに出かけてきました。

要練習という感じなのですが、そこで気づきました。

運転中ってものすごく日に焼けます。

外にいる時だけ肌が焼けるわけではないのです。

つまりこれからの日差しの強い季節にはやはり薄手の長袖が必須なのです。

150601

 No.5029 ジップパーカー

Off-white, Green, Navy / F / ¥4,900 +tax

日差しの強い季節には畳んで持ち運べるこちらの薄手パーカー。

女性らしい細身のシルエットでビーチなら水着の上にきてもいいですね。

さらっとしたこの着心地は綿100%なだけが理由ではないのです。

その理由はアテンションカードで詳しく説明してある、”ピグメント・ダイ”

150601-3

前にもご紹介したことがあるかと思います。

一般的に生地は染料染めという生地に染料を浸透させて染めているのですが、

このピグメント・ダイ(顔料染め)は顔料を生地にのせて染めているのです。

顔料は粒子が大きいため染料のように溶けてしみ込んではくれないので、のりをまぜて生地の上に塗っている、という形です。

さらにこの製品は最後にバイオ加工というのをかけているため、さらっとした素材感の中に着なれたようなユーズド感があるのです。

150601-2

そしてこちらの商品はいつものグレーのエニミニブランドネームはついておらず、直接プリントされています。

これで素肌できてもちくちくしません。

さらっときられて、暑くなったらバックにさっとしまえる。

焼きたくなければこれは必須です。

kimkim

Instagram

Onlineshop

Facebook